天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「ハワイのプールに吸い込まれた」

11月末にハワイへ旅行してきた。

先日、その記事を書いたつもりだったが、フライト前の出来事で終わっていて、まだ出国していなかったようだ。

 

 

ついては、記憶が薄れる前に、備忘録として改めて綴ろうと思う。

というのも、実は写真や動画がほとんど残っていないのだ。

よりによって、このタイミングでデジカメが故障したため、スマホで記録を撮っていたのだけれど、そのスマホも旅行中に壊れてしまったから。

一部はクラウドに保存されている等で復元できたが、消えてしまったものも多くある。

動物園で撮影したナマケモノの食事シーンは、個人的には永久保存版だと思っていたのに・・・

 

さて、宿泊したのはビーチに近いコンドミニアム

1歳児を連れているので、食事は自由度が高い方が良いという判断から、多少値は張るがキッチンの充実度にこだわった。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20190116022140j:image f:id:sakanagatoretaskytree:20190116022203j:image 

What a marvelous sea I am in!

海が見えるなかなかのロケーション、星の砂が騒いでスローモーションに酔いそうだ。

天気にも恵まれ、ベランダでの朝食はなかなかの爽快感。

ただし、鳩が部屋に入ってきたときだけは焦った。

かたくなに生きる青い鳥(鳩)たちよ 大空に羽ばたいて!

頼むから部屋に入ってこないで!

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20190116023550j:image

 

 

 予定としては、軽いツアーも組みつつ、嫁は1歳児を連れて買い物、僕と5歳の娘は海とプールが基本路線。

レストランや惣菜は物価が高いので、スーパーで肉を買い込んでバーベキューというのが、もっともコスパが良い気がした。

そりゃ毎日ってわけにもいかず、思い出作りにホテルビュッフェやハンバーガーの有名店にも行ったけど。

 

 

お昼を食べたら海に行き、娘が飽きたらプールに行き、夕ご飯まで水遊び。

毎日体力の限界を超えて遊ぶため、うなされて夜泣きする娘を寝かしつけるというところまでがお約束となった。

僕は、あちこち飛び回る旅行しかしたことがなかったので、ホテルを拠点に1週間というのは初めての経験。

旅先でのルーティンが出来上がるというのは、少し変な感覚だ。

僕自身疲れて、すぐ就寝してしまうので、持っていったプレステのガンダム無双は、ほとんど使うことがなかった。

 

そして、最終日も近づいてきた頃、スマホが壊れた。

水遊びの際は、一応防水カバーに入れたうえ、プールサイドに置いていたのだが、そろそろ部屋に戻ろうと水着のポケットに入れたところで、娘がプールの中に消えたのだ。

 

余裕で足がつくはずなのだが、吸い込まれるように沈んでいく。

体力的な限界だったのか、立ちくらみでもおこしたのか。

ともかく最悪の事態になってはいけないと、咄嗟の判断でプールに飛び込み、娘を引っ張り上げる。

水はあまり飲み込んでおらず、すぐに無事は確認できたが、スマホをポケットから出す余裕はなかった。

 

結果としては、足をつった等ではなく、単に足を滑らせただけだったようだ。

本人はむしろ、初めて水の中で目を開けられたことに喜んでいる。

プールの水に太陽の光がキラキラ反射して綺麗だった、とのことで、お気楽なもの。

こちらとしては、娘が潜れるようになった代償として、あと2回分ぐらいローンが残っていたiPhoneがうんともすんとも言わなくなったというのに。

拭いたり、乾かしたり、赤道の音色に焦がしたりしてみたけど、二度と再起動することはなかった。

 

ちなみに、Twitterにアップしていたおかげで復元できたホテルのベランダからの写真。

とても美しい夕暮れに感動する母娘を横目に、僕はPIERROTの「クリア・スカイ」のジャケットの空を思い出していた。

約束の丘は、もしかしたらハワイにあったのかもしれない。

アスファルトは灼熱だったし。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20190116031730j:image