天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「YUKIとYUKITOが同じバンドにいるのは紛らわしい」

Raphaelをはじめて雑誌で見たとき、「何で?」って思った。

だって、4人のメンバーの中に、YUKIとYUKITOがいるのだもの。

音の響きが"ゆーき"と"ゆきと"で区別がはっきりしているため、文字面的な紛らわしさに気付かなかったのかもしれないが、メンバーに"華月"だっているのだから、YUKIが"有紀"表記にするだけでも印象は変わったはずだ。

何でこの表記を採用したのだろう、とモヤモヤしたのが彼らとの出会い。

そのバンドを知った瞬間の記憶なんて、残っているほうが稀であることを考えれば、「インパクトを残したぜ!してやったり!」なのかもしれないが。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180731110600j:plain

 

本名由来なんだから仕方ないじゃないの。

それはそうなんだが、Dr.HIROの本名は村田一弘だ。

「和樹と一弘、どっちもKAZUで紛らわしいから、和樹は"華月"で、一弘は"HIRO"にしよう」なんてやりとりが、もしかしたらあったのでは。

なんて想像をしていると、YUKIとYUKITOにも配慮してあげてもよかったんじゃないの、と尚更思ってしまう。

 

そんなわけで、今回のテーマは"微妙に被っていて紛らわしい名前"。

Raphaelの例は目で見てわかりやすいので代表的だが、雑誌で見たときには気付かなかったものの、ライブを見に行ったり、誰かとのそのバンドの話をすることで気付く紛らわしい名前というのも存在する。

例えば、HOLLOWGRAMやKEELなどで活躍中のryo(漾)さんや、lynch.で飛ぶ鳥落とす勢いを見せている玲央さんが在籍していたGULLETを挙げてみる。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180731112750j:plain

 

文字で見てもピンとこないと思うが、ライブ中に起こるファンからのメンバーコールを想像してもらいたい。

転換中、「バンギャルはメンバー名を3回叫ぶ法則」が発動した際、「漾漾漾~!」と言ったのか、「玲央玲央玲央~!」と言ったのか、よくわからなかったのではなかろうか。

TOEIC例題レベルのリスニング問題で躓く僕にとっては、正直判別できるはずなんてなく、ちょっとデスヴォイス気味だったから玲央さんに向けて言ったのかな、のような根拠のない区別をするしかなかった。

まぁ、区別する必要もなかったのだけれど。

 

彼らの場合、もともとその名前で活動していたバンドマン同士だったため、そのまま行かざるを得なかったのだろう。

だが、さすがに配慮せざるを得なかったバンドもある。

NEW SODMYだ。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180731114453j:plain

 

VersaillesのKAMIJOさんが、LAREINEの活動休止期間中に結成したバンド。

問題だったのは集めたメンバーで、ギタリストがex-BLue-Bの綾さん、ベーシストがex-Aregeの綾さんという、まさかの綾被り。

結果、どのようなパワーバランスでそうなったのかは知る由もないが、ベースのほうが"YOU"と改名することになる。

ギターのほうも、"綾"表記のままだと混乱を招くと考えたのか、アルファベットに統一する形で"AYA"とされ、問題は解決された。

もっとも、本当に問題を起こして脱退したのは、もうひとりのギター、MAYUさんだったのだけれど、それはまた別の話。

 

 

最近、この紛らわしい名前被りに新たなケースが加わった。

それは、MIMIZUQ。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180731114840j:plain

 

TAMACASCADE)、AYA(Psycho le Cemu)、seek(Psycho le Cemu)、楠瀬タクヤ(Sabao、ex-Hysteric Blue)という面々で結成された、このバンド。

幸い"AYA"はひとりだけなのだが、メンバーに楠瀬タクヤさんがいることで、紛らわしさを生み出すことになった。

 

ご承知のとおり、楠瀬さんが表舞台に登場するきっかけとなったHysteric Blue、および現在、その後継ユニットとして活動中のSabaoのボーカリストは、Tamaさん。

MIMIZUQのボーカリストは、CASCADETAMAさんなので、当然ながら別人だ。

同じ名前のボーカルふたりと、並行してバンド活動を行うなんて、前例はないのではなかろうか。

 

近い事案としては、cali≠gariにて、秀児さんが脱退したあとすぐ、秀仁さんが加入したエピソードが思い出されるのだが、秀児時代のcali≠gariについていい感じの画像が拾えなかったので、この辺で終わりにする。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180731115517j:plain

 

ファンにとっては、名前を呼ぶ、3回叫ぶ、というのも大事なカルチャー。

ステージネームも多様化してきている昨今、どんな想いを込めて、その名前にしたのかというのは、気になるところだ。

バンド名の由来を語るケースはあっても、個々のメンバー名にまで掘り下げるインタビューってあまり読んだことがないので、誰か個性的な名前のバンドマンを集めて企画してくれないものか。

今の現役世代だと、変わった名前だけど本名、みたいなケースもありそうだけれど。