天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「歌ってみたとか弾いてみたとか」

僕にとって近いようで遠い文化、ボーカロイド市場や歌い手市場。

興味がないわけではないし、V系とのコラボレーション等で話題になったものは聴いたりもするのだけれど、どうも身近に感じることができなかった。

商業的なしがらみが薄い分、実は本当にツボを突く音楽が転がっているかもしれない、とは理解しているのだが。

 

その理由ははっきりしていて、何を聴いたらいいのかわからないから。

YouTubeで音楽を聴いたり、ストリーミングサービスを使うのを避けて、CDやデータを購入することにこだわるのも、結局は同じ理由。

アーティストにお金が落ちないとか、インターネット上で聴ける音楽は味気ないとか、そういう要素ももちろんあるのだけれど、CDショップで何を聴くのか決め打ちして、購入したものをじっくり聴く。

そのスタイルが定着してしまっているだけなのかもしれない、と最近気が付いた。

 

たまに思い立って、新規開拓だ!とYouTubeAmazon musicを漁ったりはするのだけれど、だいたい、1時間以上プレイリストを眺めているだけで、再生ボタンを押さないまま終わる。

無限にある音楽の中から、今この瞬間に聴く音楽を選ぶなんて、動機付けもなしに無理ではないか。

ランダム再生で運命の出会いをすることもあるのかもしれないが、だったら積み残してあるCDを聴くよ、となってしまう。

 

V系シーンの中でさえ、そんな僕だ。

ほとんど無知といってもいいボカロ市場や歌い手市場にまで手を広げるなぞ、どんなに評判が良くても重い腰が上がらない。

こうして人は時代から振り落とされていくのだろう。

サムネをいくつか見て回っても何を聴くか決めきれず、そろそろ寝ないと明日に差し支える、とブラウザを閉じている画が容易に想像できる。

 

 

しかし、ごく稀に、正面突破で"これを聴け"と薦めてくれる人が出現したりする。

Twitterのフォロワーである凸守フィルさん(@zi_ent_Fill)が、ジエントというサークルを立ち上げるということで、公開された音源のURLをDMから送ってくれた。

 

www.nicovideo.jp

ムックの「絶望」のカヴァー。

始動前のデモセッションという位置づけのようだ。

大幅なアレンジはせず、原曲のおいしいところを忠実に再現する構成だが、細かいニュアンスを上手く拾っていて、なんだかとてもノスタルジックな気持ちになった。

重厚な部分と、薄い部分とのメリハリをつけてドラマ性を演出するギターにしても、指引きにより土着的でドロッとした空気感を生み出すベースにしても、相当オリジナルを聴き込んでいるな、と。

 

一方で、ミックスにおいて台詞調のパートやシャウトを強めに出して、新鮮味も加えているのも好印象。

コピーするだけならカットしてもいい部分なのに、丁寧に作っているのが伝わってくる。

 

サイト(https://t.co/xMsa7Q2eZT)を見ると、今後はオリジナル曲などの展開もあるのかしら。

歌ってみた・弾いてみたというよりは、同人市場寄りなのだな。

フィルさん自身も、かつてV系バンドに在籍していた経緯もあるようで(どのバンドかは教えてくれないけど)、過去に公開されている楽曲は、よりV系的なアプローチも取り入れていたりする。

HYBRIDEのアルバム、フルで聴きたいなと思ったけどが在庫なくて残念。

 

同人市場も、知人筋で購入したCDを何枚か聴いている程度だ。

改めて開拓の余地はあるのだよなぁ。

こちらも広義の意味では知人筋となってしまうのかもしれないが、いつか売り物が出来たら、是非聴いてみたいと思う。

加えて、こういう手段をもっと早く知っていれば、僕ももう少し当時の仲間と音楽をやれていたのかな、とちょっと羨ましくも思う。

 

押しには弱い自覚があるので、安眠妨害水族館の管理人ならこういうの好きでしょ、というのがあれば、とりあえず薦めてみてほしい。

今聴いていないからって、知りたくないわけではないのだ。

選択肢を絞るきっかけが欲しいだけなのだ。