天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「悪ザック、DEATHBIE、黒ユナイト…」

安眠妨害水族館でレビューしたCDは、既に2,000枚を超えているらしい。

配信音源も含まれているとはいえ、他ジャンルのCDも相当数持っているため、少なく見積もっても、記事の数以上のCDを所有しているということになるのだろう。

 

よく聞かれるのが、どうやって保管しているか。

プラケースからソフトケースに移してスペースを圧縮する者、倉庫を借りて置いておく者、ある程度増えたら売るなどして新陳代謝を図る者…

同じ悩みを持つ知人に聞いてみると色々なノウハウがあるようだが、僕は愚直にも、壁面収納にバンド名で五十音順に並べている。

足りなくなったら次の棚を買ってくるので、もう8本目だ。

日に日に廊下が狭くなっていく。

 

さて、そういうときに困るのは、名義変更系の企画CD。

タイトルに記載した通りだが、ZUCKにおける悪ザックや、AYABIEにおけるDEATHBIE、ユナイトにおける黒ユナイトなどだ。

ナイトメアと仙台貨物、己龍とマイドラゴンの関係性のように、別物として並行的に活動している位置づけであれば割り切れるが、これらのラインナップのように元のバンド名をもじっただけで、ほぼ単発での企画だった場合、どう扱うか迷ってしまう。

ZUCKは「さ行」の欄において、悪ザックは「わ行」に置くのが妥当か。

それとも、ZUCKのCDの1枚として一緒に並べるか。

五十音順での保管にこだわる以上、つきまとう問題である。

 

結果として、過去の自分がどう処理したかを確認し、平仄を合わせようということになる。

Kraが36481?名義で出した「フィクション」が、Kraとは別物として「さ行」に置いてあったことをもって、悪ザックは「わ行」に、DEATHBIEは「た行」に、黒ユナイトは「か行」に並べることにした。

 

ちなみに、同じバンドのCDについては、発売順に並べる。

アルバムの1st Pressが2010年に出ていて、2011年のミニアルバムのリリースを経て、2012年に2nd Press盤がジャケット違いで発表。

僕が持っているのは狭間で発表されたミニアルバムと、2nd Press盤だった場合、どちらを前にして並べるかが迷いどころだ。

 

これも、過去の判例を参考に。

アルバムの仕様が同じであれば、1st Pressの発売日を基準とし、仕様が異なればそれぞれの発売日を基準とする。

この例では、ジャケット違いと仕様が異なるので、2nd Pressの発売日が基準日。

要するに、ミニアルバムを前に並べることになるという寸法だ。

 

これらのマイルールを忠実に守ったがために、一番気持ち悪くなってしまったのは、天野月さんの作品群。

彼女は、2008年に活動休止。

2010年に復活するタイミングで、それまでの天野月子から、天野月に名義変更している。

五十音順が優先されるので、先に並べるのが作品群としては新しい方の天野月。

天野月としての最新作の次に、天野月子の1stが置かれるという事態が発生してしまった。

同一人物なのだから、素直に発売順で並び直せばいいじゃないと思うだろうが、そう割り切れるタイプの人間であれば、はじめから苦労はしていない。

つくづく面倒な性格だとは自覚しているが、こればかりは変えられないのだ。

 

ただし、五十音にしていたことによる安堵もある。

ElDoradoからEllDoradoに名義変更したエルドラード。

読み方は一緒だから五十音順では影響を受けないが、アルファベット順であれば、"l"がひとつ増えたことによって、間にEliphas Leviが挟まることを許してしまうから。

格好つけてアルファベット順にしていなくて、本当に良かった。