天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「質問箱では答えきれない」

最近Twitterで見かけるPeingに登録してみた。

過去にインタビューズや、Ask.fmなどの類似サービスがあったが、Twitterと連携することを前提に作り込まれているので、気軽っちゃ気軽。

質問も匿名で簡潔にできるので、流行るのも納得かな。

もっとも、一般人への質問なんてすぐに尽きてしまうので、一過性のブームになる可能性は極めて高いけれど。

 

peing.net

そんなわけで、何か聞きたいことがあればぶち込んでおいてください。

回答するかどうかは、僕の常識や感覚で判断させていただくので悪しからず。

 

これ、使いやすさと引き換えにネックとなるのが、文字数の制限。

Twitterに投稿することが前提で、かつデフォルト設定のURL等がくっつくため、回答できるのは100文字まで。

せっかく語る機会を与えてもらったのに、これでは足りなすぎる!

ということで、回答済の質問について、もう一度深堀りして答えようかと。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20171210002344j:plain

 

これ、本当に覚えていないのですよね。

だって、X JAPANなんて小学生の頃から知っているけれど、V系と意識して聴いていたわけではないし、そもそも当時はV系ってジャンルがあるなんて知らないし。

J-POPは好きだったから、ランキング番組なんかでLUNA SEAGLAYを知って聴いていくうちに、自分の好きな音楽の集合体がV系というジャンルになっていると認識していくわけじゃない。

境界線なんて、最初は曖昧じゃない。

 

そういう意味で、初めてV系であると意識して買ったCDは、SHAZNAの「Melty Love」だったのではないかな、と。

ただ、これもV系バブルの前兆となるのが「Melty Love」だったから、そのぐらいの時期だったのではないかってだけで、実際前後関係が定かじゃないです。

黒夢だったかもしれないし、SOPHIAだったかもしれない。

約20年後に、未だにV系にどっぷり浸かっていて、こんな質問をされるなんて思ってもいないもの。

 

明確に認識しているのは、初めてライブを見たV系バンドが餞~はなむけ~であること。

sakanagatoreta.hatenablog.com

…と思っていたけれど、L'Arc〜en〜CielがV系に含まれてしまうなら、「1999 GRAND CROSS TOUR」を観に、岩手県安比高原まで遠征してるわ。

終電逃して、一緒に行ったクラスメイトの関君とコンビニで立ち読みしながら朝を待ったわ。

記憶って曖昧だ。

だからこそ僕はブログで、そのとき、そのときの記憶を残したいのかもしれない(適当)。

 

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20171210003801j:plain

 

思うところがあるのでしょうね、質問してくれた方は。

 

ラストライブも行けなかったし、ほとんど音源ファンではあったけれど、メガマソは好きなバンド。

1stライブにも足を運んでいるし、思い入れはある方だと思う。

その点で、解散に至ってしまったこと、残された楽曲たちがライブで演奏される機会を失うことは、純粋に残念で仕方ない。

 

一方で、"涼平さんのバンド"というイメージを払拭することが、最後まで出来なかった。

インザーギさんの曲が苦手とかそういう話ではなくて、僕が求めてしまうのは"涼平さんっぽい曲"だし、"涼平さんっぽい魅せ方"だったのだ。

インディーズに戻って発表された「動かなくなるまで、好きでいて。」が涼平節全開だったことを踏まえれば、大人の介入が原因のひとつだったと思われるが、アルバムを出し始めるぐらいから、その密度は薄まっていった気がする。

その結果、密度がギュッと凝縮されていたアヤビエの加速的進化と比べてしまって、メガマソとしての個性を見つめることができていなかったのではないか、と今では思う。

悲しんでいるファンには本当に申し訳ないのだが、解散が決まって、アヤビエ時代のボーカリスト・葵さんに楽曲を提供して、涼平さんの音楽性における、アヤビエへの回帰傾向が強まることを期待している自分がいた。

涼平さんが引退するわけでないのなら、と割とすんなり解散を受け入れてしまった。

 

ちなみに、個人的な推測でしかないが、migimimi sleep tightの存在はあまり解散とは関係ないのではないかと思っている。

こちらを残したままメガマソが解散したことで、涼平さんがV系を辞めるのでは、という噂も流れているようだが、むしろ、V系がメインフィールドと捉えているからこそのメガマソの解散だったのでは、と。

 

メガマソは、活動休止、復活という劇薬を使った。

それがセンセーショナルとなるように、涼平さんはV系ではないバンドを組んだ。

しかし、ビジネスとして成功と言えるだけの結果が出せなかった。

涼平さんが音楽活動を"結果が出なくても趣味で出来ればいい"と捉えているとはとても思えず、ビジネスを成功させるためのスクラップアンドビルドメガマソで実行したと考えれば、どちらを主軸と見ているかは明白だ。

ということで、涼平さんははやくシーンに帰ってきてほしい。

常に凡人である僕らが考えることの斜め上を目指す涼平さんだから、新バンド結成なんていう素直な形ではないかもしれないけれど。

 

 

文章が長くなっただけで、まとまってはいない気がするが、Peingからの質問をベースに回答を深堀りするやり方は、ネタ不足のときに役立ちそうだ。

そういう意味でも、質問はどしどし送ってもらいたい。

真面目なやつばかりでなくても、まったくかまわないので。