天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「ルールに縛られる」

このブログを書くにあたって、ルールはほとんどない。

それでも、唯一設けている"カテゴリー順に書いていく"というルールにだいぶ縛られていて、筆が進まないことがしばしば。

そろそろ廃止してもいいかな?と思わないこともないが、宣言した以上はやめられない性格。

誰も気にしていないのはわかっているけれど。

 

安眠妨害水族館についても、いくつか自分でルールを決めている。

例えば、「~ですね」という言い回しは、原則、ひとつの記事に1回だけ。

あとは、「~ですな」とか、「~ですよ」とかを駆使してやり過ごしている。

「リリース」などの頻出単語を「発表」とか「ドロップ」とかに言い換えたりするのも、同じ理屈だ。

こちらは必ずしも1回に限定はしていないが、近いところで「リリース」の文字が並んでいると、なんだか落ち着かない。

用語は統一したほうがわかりやすいという意見もありそうだが、ここはルールとして割り切っている。

 

そんな中で、これは限界だ、と切り捨ててしまったルールもある。

それは、採点。

ブログ開設当初、レビューしたCDに80点とか90点とか、点数をつけていたのだが、アメーバブログに移転する際に廃止とした。

 

理由はシンプルで、お気に入りの度合いなんて、時期によって変わるものだから。

最初はガツンとハマったけれど、徐々に飽きてしまったものもある。

最初はピンとこなかったけれど、徐々に癖になってきたものものある。

今、主観で100点満点だと思ったこの作品を、2年後の僕が何点と評価するかなんて、自分でもわからないじゃない。

 

じゃあ、主観は時点的なものと整理して、客観的な評価軸も設ければいいか、とも検討した。

①お気に入り度、②歌唱力、③技術力、④構成力、⑤お買い得感、と5つの基準を作って、それぞれ最大20点で採点。

これなら、強みと弱みが可視化されて、納得感はありそうだ。

 

ただし、問題点もある。

バカテクバンドの主観的には全然かすりもしないCD(コスパは良い)をレビューしたとして、①お気に入り度はゼロ点とできるかもしれないが、②~⑤は高得点をつけざるをえないので、総合評価は80点だ。

逆に、①お気に入り度は満点で、多くの人に聴いてもらいたい作品であっても、歌唱力や技術的はまだまだ過渡期というバンドは、その80点を超えることができない。

このジレンマを解消しないと、納得感のある点数は導き出せそうにもなかった。

 

そもそも、本当に個性的なバンドは、ここでは表現できない評価軸に強みがあるかもしれないし…と考えすぎた結果、ほとんどのCDが70点~85点に収まってしまい、点数をつけて良し悪しを比較する意味がないよね、ってことであえなく廃止となったわけ。

僕には合わなかったってだけで、採点制でレビューを書いている人を否定する意味ではないのであしからず。

採点があると、内容を読まなくても良かったのか良くなかったのか、一見してわかる。 

実際、 Amazonなどのレビューは、統計的にそれが可視化されているからとても便利で、参考にしているもの。

 

ただ、CDのケースが割れていたので★をマイナス、みたいなのにはちょっとモヤモヤする。