天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「ネットオークションはやっていません表明」

ネットオークションは、今の時代、インフラの一部だ。

チケットの高額転売などの問題はあれど、中古品の個人売買のツールとして使うこと自体は悪とは思わない。

 

ただし、僕個人としてはネットオークションは出品者と落札者、どちらの立場でも利用したことがないし、これからもするつもりはない。

理由としては、僕が求める通信販売のスタイルと異なっているから。

欲しいと思っている今購入することができるか、その値段はいくらか。

これが折り合えば買うし、折り合わなければ買わない。

駆け引きが発生し、その瞬間でいくらで買えるかが確定しないオークションは、どうも肌に合わないのだ。

善悪ではなく、単純に趣味の話。

 

では、なぜこんなことをわざわざ表明するのかと言うと、先日、とある会場限定CDのレビュー記事に、こんなコメントがついたからだ。

 

「オークションを利用されていますよね? その節はありがとうございました!」

 

悪質だと思ってすぐに削除したので、多少言い回しは変わっているかもしれない。

スクショぐらい残しておけば良かった。

これの何が悪質かって、そのアーティストは自分の音源の高額転売をとても嫌っていて、オークションでCDを売った、買ったということが運営サイドに伝われば、出禁になってもおかしくないからだ。

要するに、僕がオークションで買ったことを認める発言を引き出し、運営に報告するための釣り針。

投稿者が相手を勘違いしているだけなのかもしれないが、その場合、僕を騙った、あるいは誤解させるオークションアカウントが存在する可能性も出てくるため、どちらにせよ、改めて表明しておいたほうがいいだろうと。

結果として被害妄想であるなら、それに越したことはない。

 

そんなわけで、オークションで魚がとれたっぽい人がいても、それは絶対に僕ではないので、通報するなり低評価をつけるなり、お好きにどうぞ。

ついでに、悪質な場合はこちらからも注意喚起したいので、その旨を教えていただけると助かります。

 

ちなみに、会場限定CDは友人・知人に代理購入していただくことが多い。

中古ショップで買ったり、特典目当てで余らせたものを譲ってもらったりというのもあるが、大半はこれ。

下記の記事でも書いた通り、なかなかライブに行けない身としては、本当にありがたい限り。

ギブ&テイクどころか、テイクオンリー状態なので、ご協力いただいた方には足を向けて寝られない。

北は北海道、南は九州…

一番遠いところでは、ヨーロッパを拠点にしているアーティストの会場限定CDを、現地のバンギャルネットワークを駆使して購入していただいたこともある。

もはや、どの方向にも足を向けられないので、立ったまま寝るしかない。

 

安眠妨害水族館をやっていなかったら、ここまでの人脈は得られなかったであろうし、行けるはずがないライブの限定CDを持っている=オークションを利用しているはずだ、と思い込む人がいても仕方ないのかもしれないが、直接的にブログにコメントをされてしまうと、無関心を貫くわけにもいかないわけで。

過去には、行ったこともないバンドの会場限定CDを転売しているなんて噂も流されているし、このタイミングではっきりさせておくことにする。

まぁ、疑う人は何を書いても疑ってくるのだろうし、悪意に反応するのは逆効果というのも理解している。

その点で、あまり意味のないエントリだよなぁ、と思ってはいるが、ぶっちゃけ"な行"のネタが思い浮かばなかったので書いてみました。