天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「"ら行"のCD棚には夢があった」

いつからだろう、近所のCDショップにふらっと立ち寄り、"ら行"から物色しなくなったのは。

"ら行"の棚に何が置いてあるかで、そのショップの"V系偏差値"を推し量ることをしなくなったのは。

 

90年代後半に巻き起こったV系バブルにより、2000年前後は近所のCDショップでもたくさんヴィジュアル系バンドのCDが並んでいた。

その頃は、そもそもCDが爆発的に売れていた時代。

CDショップの選択肢も、今よりたくさんあったと思う。

 

その中で、V系偏差値の高い近所のCDショップを見つけるというのは重要課題だった。

5,000枚限定!みたいな危機感を煽る売り方が主流だった当時、注目バンドのCDは発売後に即品薄になることもしばしば。

遠くまで行く足もなく、プレ値を出す金もなく、という高校生にとって、近場ですぐに欲しいCDが買えるお店はありがたい。

こういうお店は、人が集まる専門店や大型チェーン店に比べて、買い逃した品薄品がしれっと残っていたりする面白味もあった。

 

では、どのようにV系偏差値を判定していたかと言えば、"ら行"の棚を見ることだ。

L'Arc〜en〜Cielはどの店も当然のように置いてあって、偏差値が上がると、メジャーデビューを果たしたLa’cryma Christi、Laputa、RaphaelLAREINE、Lastierなども見かけるようになる。

偏差値マックスのショップは、LamielやLa’Muleなどのインディーズバンドも取り扱っているから、見つけたときは小躍りしたものだ。

"ら"だけに絞っても、これだけのバンド名がポンポンと出てくるのだから、ここにV系CDがほとんどなければ、そのショップのV系偏差値は絶望的だ。

単純に頭出ししていけば、"か行"や"た行"も相応にV系バンド数は多いのだけれど、"ら行"は比率としてヴィジュアル系バンドが目立ちやすい傾向にあった。

 

CD不況の中、今もなおCDを買い続けている僕であっても、地場のCDショップで買い物をする機会はほとんどない。

ほとんどのCDが通販で済んでしまうし、品薄になってもデジタル販売等の救済策もある。

ジャケ買いしようと足を運ぶにしても、「専門店で買えば特典が付くしな」、「タワレコのポイントが溜まってたしな」などと考えてしまって、近所のCDショップで買わなければいけない状況がなくなってしまった。

近所の人間しか知らないような小さな店で、マニアックなCDを見つけたときのドキドキ感。

そのときに手持ちがなくて、これを誰かに取られないようにとクラシックの棚にこっそり移し替えてみたりしたあの感覚、今の中高生とは共有できないものなのだろうな。

 

なんとなく、ノスタルジックな気持ちに駆られて、ふと見つけたCDショップに入ってみる。

"ら行"の棚は、RADWIMPSがメインに据えられ、その横にはいつの間にかリリースされたらしいラッパ我リヤのアルバムが。

頼みの綱であるL'Arc〜en〜CielやLUNA SEAですら見当たらない。

家に帰ってAmazonlynch.のミニアルバムを注文しながら、クラシックの棚に移したはずだったLAREINEの「BLUE ROMANCE~優しい花達の狂奏~」が、しっかり"ら行"の棚に戻っていたあの日を思い出す。

バレないと思ったのに、ちゃんと見ているものなのね。