天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「GRUDGE OF SORROW」

恒常的なツールとするかはまだ未定なのだが、マストドンに登録した。

ポストTwitterとして、ユーザー数を増やしつつあるSNSだ。

特徴としては、インスタンスと呼ばれるサーバーを誰でも立ち上げられること。

運営が管理するサーバーに集約されているのがTwitterだとしたら、マストドンは、複数のTwitterが存在するSNSといったところだろうか。

これにより、"ローカルタイムライン"という概念が生まれる。

Twitterで全ユーザーが会話が表示されるタイムラインなんて見る気も起らないが、特定のコミュニティに所属する人だけを集めたタイムラインだったら話は別。

共通の趣味の人が集まるインスタンスや、特定の地域に住む人のインスタンスなどが出来ることで、そのインスタンスに所属する全員の発言が表示されるタイムライン=ローカルタイムラインが意味を成してくるのだ。

 

サーバー管理者の立場であれば、負荷の分散とか個々のカスタマイズとか、色々と特徴はあるのだろうが、今のところユーザー目線でのTwitterとの違いは、このローカルタイムラインの存在と、一度に入力可能な文字数がTwitterの140文字に対して、500文字と多いことぐらいか。

詳しくは、色々な人が解説しているので、さくっとググってほしい。

 

ヴィジュアル系界隈では、率先してvkdbの運営が、vkdnというインスタンスを立ち上げた。

僕がアカウントを作成したのも、vkdnだ。

個人で人が集まるインスタンスを立ち上げるには限界がある。

その中で、知名度も実績もあるvkdbが手をあげてくれたのはありがたい。

その後、v系たぬきの掲示板のインスタンスも立ち上がり、ユーザー数はこちらのほうが多くなっているようだが、今後大手事務所やイベント組織がインスタンスを立ち上げる可能性もあるし、一旦は様子見。

この段階でコロコロ鞍替えするより、とりあえずは使い方に慣れておくことを優先しようと思う。

 

さて、多くのユーザーが悩んでいるのは、Twitterとの住み分けだろう。

率直に言って、今の段階でマストドンに拠点を移す意味があるのは、Twitterのフォロー・フォロワーの関係性が悪化して閉塞感が生まれている人ぐらいだ。

今、何不自由なくTwitterで呟いている人が、あえて過渡期のマストドンに移行するメリットは少ない。

 

ただし、僕にとって少し魅力的に思えるのが、500文字まで可能という文字数の限界値。

ブログに書くには短くて内容が薄い。

一方で、Twitterに書くには長すぎる。

そんな"帯に短し襷に長し"である1曲レビューをコンテンツ化できるのでは、という点だ。

安眠妨害水族館は作品単位でのレビューを原則としているが、そのときに聴いている音楽をさらっと紹介したいとは、ずっと思っていたこと。

どうせ試験的に運用するなら、これで定期的に発言する癖をつけておこうというわけ。

リンクを貼ってもアカウントがないと見えないかもしれないので、一例として既に投下した1曲レビューのスクリーンショットをいくつか。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20170425233011p:plain

f:id:sakanagatoretaskytree:20170425233020p:plain

f:id:sakanagatoretaskytree:20170425233027p:plain

あくまで実験。

飽きたら終わり。

いつまで続けるかわからないけれど、興味があれば是非フォローしてみてください。

フォローは、別のインスタンスに所属していてもできるらしいので。

 

ところで、タイトルの「GRUDGE OF SORROW」。

このブログの内容で、ピンと来た人はいるのだろうか。

 

実はこれ、過去にV系ファンのために立ち上げられたSNSの名前。

通称、「GOS」。

SNSと言えばmixiという時代だった2005年頃、日記に足跡、コミュニティなど、ほぼ同機能を有したツールとして注目されたが、個人運営の域を出なかったからかユーザー数が伸び悩み、ある程度は粘ったものの最終的にサービスを終了してしまった。

 

あのときに交流していたバンギャルさんたち、ときどきふと思い出すのだが、今となっては連絡をとる術がない。

もし未だにバンギャル的な活動をしているのであれば、どこかで再会したいものだ。

再会の場所が"あの丘"ではなくマストドンってのも、なんだか格好付かないけれど。