読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「産まれた」

第二子が誕生した。

聞いていたとおり、女の子だった。

色々と考えだすと本当に大変なのはこれからなのだが、ひとまずはほっとしたというのが本心。

一人目のときの経験があるといっても、出産は命がけ。

まずは、嫁を労いたいと思う。

 

実は今回、無痛分娩での出産となった。

まだまだ日本では主流になっておらず、あまり多くの産婦人科が対応しているというわけではない。

普及しない理由は、設備や資格など色々とあるのだろうが、"産みの苦しみ"を経験してこそ母親だ、という世間体がいまだに根強いことも一因なのではないか。

専門知識があるわけではないので、医学的な見地からのメリット・デメリットについては各々でお調べいただきたいのだが、少なくとも僕らは、しっかりと説明を聞いたうえで、リスクよりもメリットのほうがあるな、と判断したということはご理解願いたい。

 

さて、無痛分娩にしたと言うと、「本当に痛くないの?」と聞かれる。

僕に聞かれてもわからないし、そもそも、まだ産んでないし、という曖昧な回答しか今まではできなかったので、改めて出産後の嫁にインタビューしてみた。

 

一番の痛みのピークであろう、産む瞬間。

ここについては、産むギリギリまで看護師さんと世間話をするぐらいの余裕があったとのこと。

「そろそろ、いきんだほうがいいですか? あ、そうですか。じゃあ、いきみますね!」というノリだったらしい。

正直、こんなライトな出産時のエピソードは聞いたことがない。

僕が知っているのは、もっと壮絶な話ばかりだった。

完全な処置ができなかった一人目のときはずっと絶叫していたことを踏まえれば、嫁が異常なまでに痛みに強いという可能性は排除できる。

この点では「本当に痛くない」と言っても差し支えないのでは。

 

もちろん、考えなければいけないことはある。

例えば、費用面。

通常の出産よりも、5万~10万はかかってしまうのだ。

一人目のときは、事前処置の前に破水してしまったので、痛みが和らぐという肝心のメリットが最大限に享受できなかった。

仮に事前処置ができていたとしても、効果には個人差がある。

結局費用を払ってもリスクをすべて取り除くには至らないということ。

それでも試みるかどうかは、判断が必要だ。

 

また、計画分娩となるが、スケジュール通りに陣痛がきてくれるケースなんて稀だ。

ほとんどの場合、陣痛促進剤などを使うことになる。

その点がハードルになる人もいるのかもしれない。

もっとも、計画分娩となる点については、個人的にはメリットだった。

出産当日や退院の手続きのため、休暇を取る必要があったが、引継ぎや根回しをスムースに行うことが出来たから。

 

そんなわけで、無痛分娩はもっと認知され、普及してほしい、が個人的な見解。

痛みに耐えた母親は尊敬するが、痛みを回避した母親だって尊敬する。

どのリスクを重要視して、より安全に産むにはどうすべきか、という選択の結果なのだから、どちらの判断も否定される理由はないはずだ。

 

なお、無痛分娩であっても、事前処置として背中にチューブを入れたりするので、まったく痛みを感じずに終わるわけではないのだとか。

また、産後に体が元に戻ろうとするときにも痛みを伴う。

"産みの苦しみ"が消えてなくなるものではないので、誤解なきように。

 

なんだか、社会的なブログ。

というのも、まだ第二子が病院にいるから。

面会時間に抱っこはさせてもらったが、まだ実感が湧いていないのだ。

四六時中一緒にいる嫁は、「神々しい。可愛い。」を繰り返し、既に溺愛モード。

なんだか悔しいので、はやく無事に退院してきてほしい。

 

これからは四人家族。

男は僕ひとりで肩身が狭くなりそうだが、楽しみがまた増えた。