読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「Da'vidノ使徒:aL」

Da'vidノ使徒:aLが好きだった。

1997年から1999年に活動していた、僕がヴィジュアル系のインディーズシーンにどっぷり浸かるきっかけとなったバンド。

これで「ダビデシトアエル」と読むので、"ヴィジュアル系読みにくいバンド名選手権"的な企画では、ほぼ間違いなく出題される。

覚えておくといいだろう。

 

バンド名だけに留まらず、ヴィジュアルイメージも独特だった。

f:id:sakanagatoretaskytree:20170311234453p:plain

有名なのは、このアーティスト写真だと思う。

おとぎ話から飛び出したような可愛らしいフロントマンと、劇団四季のミュージカルに出てきそうな脇役的キャラクター。

衣装における予算がボーカルに集中しているバンドは珍しくもないのだが、ボーカル以外のメンバーに"脇役"という役割をはっきりと与えている点で、彼らは特に個性的であったと言える。

音楽雑誌で彼らを見た瞬間、心を奪われ、CDを買いに走っていた。

 

奏でる音楽もまた、独創的だった。

クラシカルな様式美に、ポップだけど毒を含んだメロディ。

自らを登場人物に見立てた不思議な世界観は、メジャーシーンで活躍していたバンドの何れとも交わることがなく、"インディーズには、こんなにも面白い音楽が隠れているのか!"と衝撃を受けたのを覚えている。

 

そのうえ、ツインボーカルにツインベースという他に例を見ないバンド編成だ。

メンバー構成は、Vo.ピエトロ、Gtリエット、Ba.エルゼ、Ba&Vo.ミサという4人。

正直なところ、演奏力はさほど高くなく、ツインボーカルのどちらもが調子っぱずれ。

それでも憎めない、むしろ深くのめり込み続けて今に至っているのは、結局のところ、代わりになるバンドが生まれてこないから、それに尽きるのだろう。

彼らのメルヘンを表現するためには、ピエトロの子供のような歌声は必要なパーツ。

その対比である"畏れ"を示したミサの低音ボイスも、これまた不可欠。

集まった素材で最大限に勝負できる音楽を、と考えたときに、彼らを上回るトータルプロデュース力を持ったバンドに出会ったことがない。

なんなら、歌が上手い人がDa'vidノ使徒:aLのフォロワーバンドを結成したとしても、"これは違う…"となってしまうと思うのだ。

 

そんな唯一無二の彼らであるが、再結成はほぼ望めない状況。

メンバーが全員、現役でのバンド活動を退いており、裏方に回ったり、音楽業界を引退していたりする。

バンドの顔であるピエトロにおいては、ホストに転身したという噂が流布され、バンド時代を黒歴史化しているというのが通説だった。

そもそも、ピエトロは病で死亡した、という公式設定があるので、ただなんとなくの復活はやめてほしい、という複雑なファン心理も駆け巡る。

現役時代に地方の中学生だった僕が抱いていた、Da'vidノ使徒:aLのライブを見るという夢は、おそらく夢のままで終わってしまうのだろう。

 

しかし、事件は2016年に起こる。

15年以上シーンから離れていたピエトロが、当時所属していたレーベルのボス、幸也さんのドラマーとしてステージに立つというのだ。

そのライブ会場も個人的に縁のある場所で、これは運命だと感じた僕。

平日だったが、あることないこと理由をつけては仕事を切り上げ、そそくさと会場に足を運んでいた。

 

イベントのトリとなる幸也セッション。

ドラムセットの向こうに、ピエトロがいた。

黒をベースにした地味な服装。

現役時代のイメージとはだいぶ異なるが、紛れもなくピエトロだった。

実年齢よりはだいぶ若く見える。

驚き、喜び、感動に感傷、さまざまな想いが一気に溢れて、すっかり放心状態。

ライブの流れは完全に無視でピエトロだけを凝視する姿は、周囲から見たら奇怪だったと思う(もちろん、ライブそのものも素晴らしい内容だった)。

 

幸也さんによれば、pleur(Da'vidノ使徒:aLの後にピエトロが-F-名義で結成したバンド)が終わるタイミングで、"今後はどうするのか?"と聞いたところ、"世間から忘れられたい"と答えたとのこと。

シーンの外でサポートドラマーとして活動していたのは知っていたが、その意思を尊重して、発表はしてこなかったそうだ。

交流は続いていたようで、そろそろいいか、と満を持してのセッション参加。

Da'vidノ使徒:aLの加入前はドラマーだったという話は聞いたことがあったが、確かになかなかの腕前だ。

定期的に叩いていたというのも、ホスト説を否定するための嘘というわけではなさそうだった。

 

個人的に嬉しかったのは、セッション参加メンバーの表記で、ピエトロが"トロピエ"と記載されていたこと。

誤植かもしれない。

ふざけただけかもしれない。

だけど、設定上この世にいないピエトロがドラムを叩けるはずがない、それでも当時のコアなファンにピエトロの復帰を伝えたい。

そのジレンマの着地点として、"トロピエ"という表記に落ち着いたのだと想像すると、幸也さんの心配りに頭が下がる思いだ。

ライブ中、"ピエトロが見えなくなる!立ち位置被らないで!"と心の中で叫んだこと、この場で謝罪いたします。

 

なお、2度目のセッション参加のときは、本名である"EISHUU"名義となっていた。

当然、ドラマーEISHUUを今後も応援していく所存だが、"トロピエ"としての最初で最後のライブに立ち会えたことは、一生の想い出として記憶に刻んでおこう。

世間がピエトロを忘れたとしても、 僕にとってDa'vidノ使徒:aLは人生レベルで影響が大きいバンド。

絶対に忘れてはいけない奇跡だったのだから。