天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「クリアできない」

スーパーマリオブラザーズ3」が発売されたのは、1988年のことらしい。

僕が子供の頃、ファミコンのある家には必ずあったゲームソフトだ。

夢中になってプレイしたのは7歳のときだったので、あれは発売から2~3年経ってからだったのか、と少し驚く。

念願のファミコンを買ってもらって、まっさきに遊んだソフト。

最新のゲームを持っている感覚だったのに、そこまで新しい作品ではなかったらしい。

 

このマリオ3、毎日コントローラーを手に張り切っていたが、結局クリアはできなかった。

攻略本を読んでも、裏技を教えてもらっても、最後の最後は操作テクニックが物を言う。

セーブ機能もないから、途中でやめたら最初から。

小学生低学年だった僕には、どんなに笛を使ってステージをふっ飛ばしても、クッパまで辿り着くことすら叶わなかった。

 

この間、実家に帰ったときに、久しぶりにスーパーファミコンを取り出してみた。

あのとき、クリアできなかったゲームが、今ではクリアできるのでは、と期待したから。

まだ見ぬエンディングを見ておきたい。

残念ながらファミコンは壊れてしまっていて、マリオ3はお預けなのだが、それでもクリアしていないまま放置していたソフトはたくさんあった。

 

そのひとつが、「なるほど!ザ・ワールド」。

愛川欽也楠田枝里子が司会を務め、80~90年代に人気を博したクイズ番組をゲーム化したものである。

20年も前のゲームなので、時事的なクイズはわからなくなっているかもしれないが、今ではスマホで何でも調べられる。

卑怯ではあるが、まずはクリアを優先しよう。

そう意気込んでプレイを開始した。

 

やり始めて、たった数分。

なんでクリアするに至らなかったかを思い出してきた。

演出がやたら長く、テンポが悪い。

クイズの内容も、特に興味深いものはなく、まったくもってワクワクしない。

要するに、"クソゲー"だったのだ。

 

番組が大好きだったから買ったゲームだが、これでは夢中になれなかったのも頷ける。

だって、オリジナルが面白かったのは、テーマとなる国の面白レポート映像がついてきたからだもの。

スタジオで淡々とクイズ大会をやっているだけでは、「なるほど!ザ・ワールド」である必要性がないではないか。

 

極めつけは、ジャンピングチャンス。

上の席に座っているペアから順にクイズに答えて、不正解なら次へ、正解ならひとつ上の席と交代する。

最終的に、一番上にある席に座っていたペアが優勝、というレギュレーション。

ジャンピングチャンスは、一気に2つ上の席にまで駆け上がることができるボーナスクイズだ。

この時点で最下位だと優勝の目はないが、それ以外の順位につけていれば、これに正解するだけで大逆転となる。

 

正直、ここまでのクイズはそこまで難しくなかったため、手堅く正解すればあっさり優勝だ。

もはや楽しみではなく作業だが、作業ゲーならスマホで毎日やっている。

世界制覇も時間の問題、と油断していたところでびっくり仰天。

待っていたのは、よくわからないミニゲーム

舞台となる国によってゲームの種類は異なるようで、簡単なものは腰を抜かすほど簡単である一方、知識やテクニックではどうしようもない運任せなゲームも存在。

こんな場当たり的な茶番で優勝が決まってしまうなんて…

コンピューターのペアが優勝し、トランプマンが勢いよく飛び出してきたところでリセットボタン。

完全に心が折れた。

またしても、このゲームをクリアすることは出来ずに終わった。

 

小学生のお小遣いでは、かなり高額な印象があったスーファミソフト。

その結果がクソゲーだったときのショックたるや。

それに対して、とりあえず無料でプレイしてみて面白かったら課金、という最近のゲーム市場における基本スタイル。

個人的にはまだ馴染めないのだが、実力主義的で良いのかもしれない、と少し思った。