読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「ライブに行けない子育て世代」

ら行

「結婚してから、ライブには行きにくくなった?」

結婚後に初めて会った友人たちに、よく聞かれた質問だ。

 

答えは、No。

もちろん、相手がある話なので一概には言えないが、あまり変わらないというのが実態だろうと思う。

我が家の場合、嫁はバンギャルではなかったものの、THE BACK HORNT.M.Revolutionなど、比較的親和性の高いアーティストを好み、ライブにも足を運ぶタイプの音楽好きだったのも奏功した。

お互い、これは良い機会だ、と一緒に行くことが増えたくらいだ。

これを理由に結婚を躊躇っている人がいるのなら、そうでもないよ、と言っておく。

 

ただし、今現在、ライブの本数は大幅に減っている。

大きく事情が変わったのは、子育てがはじまってからだ。

 

新生児期は、ある程度ライブに行ける。

我が家ではお義母さんがサポートに来てくれていたし、里帰り出産で奥さんが実家に帰るというケースも多いだろう。

この時期の乳児にマストなのは、母乳が出るお母さんであり、少し寂しいが、父親がいないと困る!という場面はあまりなかった。

 

お父さんが必要になるのは、乳離れをして、離乳食に移った頃。

この時期になると、子供は"重い"のだ。

それまでは、抱っこ紐で持ち運べた赤ん坊も、女性の力では厳しくなっていく。

ベビーカーを使えばいい、という話ではあるが、大き目のスーパーや商業施設ならまだしも、規模の小さい八百屋や雑貨屋などでは、ベビーカーの入る余地がない。

電車に乗るにしても、トイレを使うにしても、まだまだバリアフリー化も世間の目も、子育て世代に優しいとは言えない、というのが実感。

休みの日に、僕が子供を抱え、嫁が買い物をする、というスタイルに落ち着いた。

 

寝かしつけの時間をコントロールして、どちらかが夜はライブに、というスケジュールも組もうと思えば組めるのだが、行きたいライブは全部行く、なんてことはもうできそうもない。

どうしても行きたいライブがあれば、実家に帰って親に預けるという裏技を使っていたので、ここ最近、仙台のライブに行く機会が増えでいるのは、そういう理由。

実家が近くにあれば、とも思うが、それはそれで気苦労も多いだろうし、たらればを言っても仕方ないことだ。

 

そうこうしているうちに、いつの間にか、娘は3歳に。

言語でのコミュニケーションが取れるようになったことで、両親が四六時中張り付いている必要はなくなった。

とはいえ、ただでさえ共働きの保育園児なので、少なくとも週一ぐらいは、両親揃った状態で遊びに行きたいところ。

平日は、娘が起きる前に会社に行き、娘が寝てから帰ってくる僕。

「VISUAL JAPAN SUMMIT」に行くために土日を終日不在にした結果、娘と実質2週間顔を合わせなかったことがあるのだが、久しぶりに起きている娘と対面した際、1年ぶりに会った従兄弟のような対応をされたのを覚えている。

そのタイミングでお義母さんに来てもらっていたので、サポート体制はばっちりだと思っていたが、育児をする人がいればいいというわけでもないのだと痛感した。

 

そうなると、土日のうち、どちらかに嫁の予定が入れば、僕の土日の予定は自動的に"育児"となる。

その逆もしかり。

単純に案分したとしても、1か月のうち、2日しか自由時間はないのだから、必然的にライブに行く機会は減ってくる。

きっとこのサイクルは、しばらく続くのだろうし、2人目、3人目と子供が増えれば、ますます条件が厳しくなることは確実。

どうか、ライブの誘いをお断りするようなことがあっても、「付き合いが悪い」とは思わないでほしい。

予定がある、というわけでもないから歯切れの悪い回答になってしまうが、断りたくて断っているわけでもないのだ。

 

ヴィジュアル系という文化も、なんだかんだ、歴史が積みあがってきた。

若者文化だった時代のファン層も、今では子育て世代にシフトしてきている。

中堅バンドが伸び悩むという構図は、もしかしたら、ある程度の年齢になるとファンが子育てに入って脱落する、というところにも要因があったりするのでは。

規模が大きいバンドでは託児所が設けられる場合もある昨今、子育て層へのアプローチ方法も、今後のV系マーケティング論争の中心になっていくかもしれない。

 

例えば、「ライブに来ないと、いつかバンドはなくなるよ。」という呼び込み文句。

それは事実かもしれないし、責任感に駆り立てられるファンもいるのかもしれないが、ライブに行けない身としては辛いものがある。

例え嘘になったとしても、「子育てが終わって、またライブに来れるようになったときにステージで待ってる。」って言ってもらえるだけで、どんなに救われるだろうか。

 

最後に、それでも子育てはしてみるもんだと、僕としては。

周りに、出産により実質的に休業状態のバンギャルさんが数名いるが、ライブに行けなくなったことで後悔している人は知らないもの。

気持ちが尽きたわけではなく、それより尊いものが見つかったという感覚。

彼女たちとはいつか、"バンギャルの遺伝子は受け継がれるか"という研究結果を発表したいと思いますので、15年くらい先の未来をお楽しみに。