天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「DESERT TOWN」

「マシュマロ」にて、こんなメッセージをいただきまして。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180516225849j:plain

 

結局はタイミング。

いくら理屈で良さを説かれたところで、音楽なんて環境とか心情とか、色々な要素が絡み合って"ハマる"ものだと思う。

何度か聴いてもピンとこないなら、無理に世間的な評価と自分の価値観を合わせなくてもいいのではないかと。

V系を聴いている方であれば、お茶の間で評価されているJ-POPにピンとこないって経験はあるだろうし、それをV系のレジェンドだからという理由で感性を捻じ曲げる必要はないはず。

それができるんだったら、ヒット曲が大好きな体質に矯正したほうが、圧倒的に生きやすくなるわけだし。

 

なんて言ってみるけれど、これだけでは"逃げ"の回答でしかない。

真正面からZI:KILLの魅力を語ることにしよう。

僕にも、誰かの解説を読んで、制作背景や当時のシーンの流れを知ることで、良さに気付いた、味わいを増したということはあった。

その"誰かの解説"になれれば、なんて仄かな期待を忍ばせつつ。

 

 

ZI:KILLの活動時期は、1987年~1994年。

解散時でも僕は10歳の頃なので、当然ながら後追いだ。

聴き出したきっかけはとても邪道で、大学生の頃に追いかけていたバンドがZI:KILLの「少年の詩」をライブでカヴァーしていたから。

哀愁に満ちたフォーキーなメロディと、内面的な痛みを抉り出すような歌詞。

これが10年も前の曲なのか、と衝撃を受けて手に取ったのが、彼らのメジャーデビュー作である「DESERT TOWN」であった。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180516224422j:plain

 

まだ、表記がZi÷Killだった頃。

正直なところ、最初は「少年の詩」以外はピンとこなかった。

昔のCDだから音圧が弱いし、メロディも古臭く感じたからだ。

ただ、「少年の詩」だけはとにかく好きで、これを聴くためにCDは定期的に取り出していた。

 

本格的に"ピンときた"のは、V系シーンがラウド一辺倒になってきた時期に、改めてこの作品を聴き直したとき。

重低音を歪ませるサウンドに慣れ切っていたこともあって、ひとつひとつのフレーズが妙に新鮮に聴こえるし、歌謡曲的なものへの回帰願望が、彼らの本来持っていたメロディの良さと結びついた。

そのうえで、最後の一押しをしたのは、やはり歌詞だった。

ちょうど社会人になって、精神的に擦り減りはじめていたタイミング。

見た目は順風満帆なのだが、内面には悲哀を抱えているという彼らの楽曲の主人公たちに、10数年の時を経て、シンパシーを感じたのだ。

 

メンヘラ系が定着した昨今、病んでいるときに聴くバンドは必ずしも20年以上前に解散したバンドでなくてもいいのかもしれない。

だが、ヤンクロックが土台としてあり、最強で無敵であることがステータスになっていたシーンの中で、このネガティブさが心のよりどころになっていたリスナーも多いのだろうな。

そう想いを馳せてみると、彼らの魅力が浮き彫りになるのではなかろうか。

激しくも内向的な感性へのアプローチとしては、先駆者的なバンドなのである。

 

 

ちなみに、この作品は、それまでのイメージを覆すために、あえて暗い曲を多く配置しているのだとか。

デビュー作なのに、これほどの陰鬱な雰囲気。

総合的にインディーズ時代の「CLOSE DANCE」が評価されているのは納得できるのだが、TUSKさんの歌詞世界ともっともマッチしているのは、この「DESERT TOWN」であると思っている。

 

声色や発声法を巧みに変化させる表現の多様性や、ダレないようにタイトさをキープする楽器隊の貢献も含めて、レジェンドバンドには、レジェンドたり得る理由があるのだな、と改めて痛感した。

創作物とは、往々にしてそのときの社会情勢からの影響が大きいもので、異なる世代が聴いてもピンとこないのは、ある意味で自然なことだ。

それでも、僕には響くタイミングがあったし、多くの人に響く余地はまだまだ失っていないと信じたい。

これに共感できる社会って、そんなにいいものではないんだけどなっていうジレンマや背徳感もあるんだけれど。

 

 

以上、解説というより独り言でした。

ブームが完全に落ち着いてしまっているので、頻繁にはチェックしていないのだが、他にお題があればマシュマロに投げ込んでもらえるとありがたい。

「な行」のお題目がつけやすい内容だと、いっそうありがたい。

次のブログ記事のタイトルに困らないから。

 

marshmallow-qa.com

「魚がとれたやめたい」

当時は気にもしていなかったことが、時間が経つにつれて大問題に発展するなんてことはよくある話。

娘が成長するにつれて、インターネット上で"魚がとれた"なんていう珍奇な名前で、年がら年中お化粧バンドの話を垂れ流し続けているのはどうなんだろう、と考えるようになってきた。

 

というのも、何の気なしに本名をGoogleで検索してみたら、大学生の頃に作成した、若気の至りとしか思えないサークル内チームのホームページが出てきたからだ。

普通に活動紹介をしている程度だったらまだよかったのだが、内輪ネタ満載の用語集や、クオリティの低い映像作品、グループチャットの履歴まで残っている。

これは、まさしく黒歴史なのでは…と絶句しながら、その後タレントになった相沢くんから、「2歳サバ読んでオーディションを受けるんだけど、検索したらホームページが出てきちゃうから、プロフィールの生年月日を消しておいてくれない?」なんて頼まれていたのだったと思い出した。

 

懐かしさに消すのがもったいないという気持ちも生まれてきたが、「いずれネット社会に飛び出した娘が、これを見たらどう思うだろう」と考えれば、断固削除するべきだと結論づけることができる。

親の名前なんて、暇な子供はきっと当たり前のように検索するもの。

 

使っていたサーバーの管理形態が色々と変わったことにより、15年前に作ったホームページは、もはや自力では消せなくなっていた。

相沢くんから頼まれたときは、「無理だった」と返して終わりにしたが、今の僕には娘がついている。

面倒な気持ちを奮い立たせ、現在の運営に連絡して、なんとか削除してもらうことに成功した。

 

さて、本名での潰し込みは終わったわけだが、問題は"魚がとれた"としてネット上に撒き散らした負の遺産の数々だ。

mixiの日記にしても、Twitterにしても、当たり前ではあるが娘に見られることなんて想定していない。

そもそも、僕が"魚がとれた"であるとバレなければいいのだが、移動中などに僕のスマホで「どうぶつの森ポケットキャンプ」をやっていたりするので、既にバレバレだったことが判明した。

アカウント名を「さかながとれた」にしていたのが敗因。

「お父さん、なんで"さかながとれた"くんなの?」とか聞かれて、青ざめることになるとは。

 

砂時計の砂が落ち始めた。

娘が親のハンドルネームを面白半分で検索しはじめるまで、あとどれくらいだろう。

もっとも、まだハンドルネームという概念は持たない娘。

それくらいまでに忘れさせればいいわけで、今後、娘の目につきそうなアカウントで、安易に"魚がとれた"の名義を使わなければいい話かもしれない。

ただ、いつか娘が「お父さんがインターネット上で"魚がとれた"なんていう珍奇な名前で、年がら年中お化粧バンドの話を垂れ流し続けている」という事実に気付いてしまう可能性は、どこまでいっても否定できないのだ。

これは、精神的に結構苦しい。

いっそのこと、魚がとれたをやめてしまいたい心境になっているのが今である。

 

ちなみに、少し前まで「魚がとれた」で検索すると出てきていた旧ブログのプロフィール画像がこちら(魔法のiらんど時代の画質)。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180426003810j:plain

 

若き日の僕なのだが、スマホの中に保存されていたのを、偶然娘に見つかってしまった・・・が、その後の悪い意味での変貌ぶりに、お父さんだとは気付かなかったようだ。

「魚がとれた」で出てくる画像を別人と認識してくれるのなら、もしかしたら、魚がとれたはやめなくても問題はないのかもしれない。

本人画像が本人バレ防止に一役買うとは、なんとも皮肉な話なんだけど。

 

 

「彼方のアストラ」

好きな漫画を聞かれたら、ずっと「ONE OUTS」と答えていた。

甲斐谷忍先生による野球漫画。

いや、たぶん野球漫画という表現は正確ではなく、甲斐谷先生らしい知能戦が描かれている。

こんなにも汗のにおいがしないスポーツ漫画を、僕はほかに知らない。

 

もちろん、「ONE OUTS」に冷めたということではなく、引き続き好きな漫画であり続けるのは間違いないのだけれど、人に薦めるという観点で、次に聞かれたらこう答えようという漫画が見つかった。

それが、「彼方のアストラ」である。

 

f:id:sakanagatoretaskytree:20180409234536j:plain

 

SKET DANCE」の篠原健太先生の作品。

ジャンプ+というデジタル媒体での連載だったため、正直なところ、最初は様子見をしていた。

SKET DANCE」が好きだったので、次回作にすんなり頭が移行しなかったということもあるのだけれど、そもそも紙媒体で読みたいという古い頭があったから。

とりあえず、単行本が出るまで待とう、と。

 

ところが、ジャンプ+が、まだマイナーな媒体だったからか、実際に現物を店頭で見かけることはあまりなく。

結局、単行本が出ていることに気付いたのは、2巻が発売され、間もなく3巻も出るというタイミングだった。

ただし、結果論ではあるが、それが良かったのだと思う。

 

というのも、この作品はまとめ読みに向いている。

1巻は起承転結の「起」の部分。

どちらかというとコメディ寄りのスペースファンタジーといった様相で、"宇宙でSKET DANCEをやっている"という感覚を覚えた。

Amazonのレビューを眺めてみたが、この段階での評価は芳しくなかったと記憶している。

 

一方で、それらが全部伏線であったと驚くのが、2巻以降の展開だ。

1巻の最後にぶち込まれるミステリーの要素が、徐々に輪郭を強め出して、やがて物語を飲み込んでいく。

フーダニットと、少年少女たちの冒険譚が交互に押し寄せる構成で、謎解きをしたい気持ちと、誰も犯人であってほしくないハッピーエンドを望む気持ちが交錯。

読み進める手が止まらなくなっていた。

とにかく続きを読みたい一心で、あんなにも抵抗があったジャンプ+を遂にスマホにインストールする始末。

隔週連載だったため、2017年末に完結するまでは土曜日になると、今日は更新日だったか、そうでなかったか、とソワソワしながら週末にログインしていたぐらいである。

 

また、まとめ読みに向いている最大のポイントは、全5巻と非常にコンパクトであるということ。

加えて、その軽量さとは裏腹、どんでん返しがひとつどころではなく、ふたつ、みっつと次々に畳み込まれること。

どんなに面白いと評判でも、50巻を超える大作であれば、なかなか読もうとは思い切れないものだ。

しかし、「彼方のアストラ」は、たったの5巻。

その中に、とても濃い密度で大冒険とミステリーが詰まっているのだから、"今度の休みにまとめて読んでみよう"と手に取るにはぴったりのサイズ感なのではなかろうか。

 

ネタバレを避けるため、抽象的な紹介になってしまった感はあるが、人に薦めやすい名作。

今後、好きな漫画を聞かれたら、馬鹿の一つ覚えみたいに「彼方のアストラ」と答えていこうと思う。

 

ちなみに、「SKET DANCE」由来の小ネタも相応にあり。

当時ファンだった人も是非読んでみてほしいものだ。