天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて

安眠妨害水族館では書かないこと、書けないこと

「好きなものの定義」

"ヴィジュアル系が好きな人"ということで友達から紹介された人が、若い頃にラルクが好きだっただけで、インディーズはからっきし。

話が全然噛み合わなくて、なんとなく気まずい空気になる…なんて経験はないだろうか。

どちらが悪いという話では全然ないのだけれど、どうしてもモヤモヤしてしまう。

 

あくまで僕個人の定義として、好きなものとして公言するものは、「そんなに好きじゃないものでも好き」ということにしている。

普通の音楽好きが目を背けるようなジャリバンですら目を細めて聴くことができるので、僕はヴィジュアル系が好きだと自信を持って言える。

ラーメンもそう。

行列店のラーメンが美味しいのは当たり前で、チェーン店の量産型ラーメンも、インスタントラーメンもカップラーメンも美味しいと思えるから好きなのだ。

 

ラーメンが好きだという人に、「カップラーメンは最近明星から出たやつが美味しい」みたいな話題を振ると、「カップラーメンはラーメンとは認めないよ」なんて返されてしまうのだが、僕からしてみたら、"行列店のラーメンが好き"ってちゃんと言ってほしい。

だって、北海道で食べたウニ丼がめちゃくちゃ美味しくて感動したけれど、近所のスーパーで売っているウニ丼は食べる気がしない。

そんな僕がウニ丼が好きだって言っているようなものじゃないか。

 

もっとも、この定義はたぶん一般的ではないというか、多くの人とズレているのだと思う。

だから、相当にモヤモヤを抱えた青春時代を送っていたのだけれど、大人になってからは、あまり気にならなくなってきた。

"食べ歩き"という言葉を発見したからだ。

「趣味はラーメンの食べ歩き」と言えば、チェーン店やカップラーメンは自ずと排除できる。

美味しいラーメン屋が美味しいのは当たり前、という単純な話から、美味しいラーメン屋を目的として、その街の情緒を味わったり、店主や客との交流が深まったり、という付加価値も想像することができ、行動に深みが伴った気もしてくる。

なんだか話が噛み合わないな、と思ったら、「あなたはラーメンの食べ歩きが好きなのですね」と言い換えれば、だいたい軌道修正できることがわかってきた。

たとえばこれがコーヒーだったらカフェ巡りで置き換えれば良い。

 

同じテーマについて話をしているのに、上手く会話が進んでいかないのは、おおかた定義が双方で異なっているから。

そのジャンルに好きなものがひとつでもあれば「好きだ」と定義づけている人と、好きではないものがひとつでもあれば「好きだ」と定義づけることが出来ない人とでは、そりゃ認識に歪みが出て当然だもの。

用語を置き換えて再定義してやることで、きっと話は前進していくはずだ。

 

さて、若い頃はラルクが好きだったというこの人を、どう再定義しよう。

単純に「ラルクが好きなんですね」と対象バンドを限定して会話を広げればいいのだけれど、あわよくば、もっと探ってみたい気持ちもないわけではない。

なんか上手い言葉、見つからないかな。

 

その結果、僕の口から飛び出したのは「バンドマンの食べ歩きが好きなんですか?」。

気まずさが最高潮に達して、飲んでいたコーラ、スーパーのウニ丼の味がした。

 

「感想などをつらつらと」

アラフォーの域に差し掛かって、一気に体にガタがきたのか、風邪で40℃近くの熱を出したり、良性発作性頭位めまい症にかかったりと、なかなか"よし、こちらのブログを更新するぞ!"という気分にならないまま1ヵ月が経ってしまった。

ようやく、少し落ち着いてパソコンに向かえたので、最近見たり聴いたりしたものの感想を簡単に記録。

こういうの、mixiに日記を書いていた時代を思い出して、少しこの世から消えたくなるな。

 

 

しろくまカフェ/ヒガアロハ

f:id:sakanagatoretaskytree:20181013230844j:plain

 

ココハナで連載中のスローライフ系のコメディ漫画。

もともとは、2012年頃に放送していたアニメを、Amazonプライムで見始めたのがきっかけ。

動物好き+悪人が出てくる話が苦手な娘と一緒に見るアニメを探していたところ、ちょうどいいものがあった、と。

今では家族全員でハマっていて、高田馬場にあるコラボカフェに行った際、大人買いをして読んでいる。

 

作風が大きく変わったわけではないのだけれど、連載誌が変更になった"today’s special "からのほうがキャラが深掘りされていて面白い。

無印版は、アニメを先に見てしまうと、やや淡泊で物足りなく感じてしまうかな。

動物と人間が対等の関係で暮らしているユートピア物だけれど、大きさや特徴など、必要以上にデフォルメされていないので、ユートピアの中にもリアルが潜んでいるのがポイント。

しろくま、パンダ、コウテイペンギンと、主役3人(頭?羽?)のサイズが、ちゃんとバラバラで、それで生じるツッコミどころをセルフネタに出来ているのがズルい。

人間キャラの笹子さんが、しろくまくんとの見た目のバランスの関係と思われる高身長設定でコンプレックスを抱えているのは、なんだか可哀そうだけれど。

 

ちなみに、娘が好きなレッサーパンダくん、アニメだと出番が少ないのに、原作だと準レギュラーなのね。

それに対して、アニメではバリバリのレギュラーであるラマくんが、実態的にアニメオリジナルのキャラだったので驚いたりした。

 

 

マスカレード・イブ/東野圭吾

f:id:sakanagatoretaskytree:20181013234806p:plain

 

めっきり小説を読まなくなってしまって久しいのだが、「マスカレード・ホテル」が来年映画化されるということで、そういえば第二弾を読んでいなかったな、と。

第一弾の長編新本格ミステリとは打って変わって、趣向を凝らした短編集。

もとからあった構想なのか、後から付け足したのかは調べていないが、この伏線があっての本編だったのだとしたら、さすが東野圭吾といったところ。

 

第一弾で出会いが描かれた刑事の新田浩介と、ホテルのフロントクラーク・山岸尚美。

時系列としては、その前日譚となるため、二人の掛け合いという見どころをひとつ失ってしまうのは痛いが、登場人物の深掘りは出来たということなのだろう。

ただし、やはり二人のその後の関係性を知っているからこその面白さ、という面はあるので、純粋な短編集としては薄味。

ミステリを読み終えたぞ、という達成感は少し弱かった。

 

これを踏まえて、第三弾の「マスカレード・ナイト」を読むか考えようと思ったのだけれど、どちらかと言えばスピンオフに近いので、あまり参考にはならなかったかも。

もっとも、ここまで深掘りしてしまったら読むしかない、と傾いている時点で、販促としては成功しているとも取れるのだけれど。

ある種、長編が後に控えているこのタイミングまで寝かせて正解だったかな。

 

 

Lost word・/凸守フィル(ジエント)

以前、ムックのカバー曲で紹介させていただいた凸守フィルさんによる、VOCALOID・結月ゆかりを器用してのオリジナル曲。

今回も、"聴いてくれ!"とアプローチしていただいたので、"よっしゃ!レビュー書く!"と約束していたものの、冒頭のとおり1ヵ月もほったらかしになってしまい、本当に申し訳ない限りだ。

 

個人的には、ボカロ曲ってあまり琴線に触れないことが多い。

ボーカルによる感情表現があってこそ、歌の魅力は倍増すると考えている節があり、いくら音程が正確でも、物足りないと感じてしまうのだと思う。

しかしながら、それは何年も前の話で、現代ってここまで進化しているのだな、と考えを改めざるを得なかった。

まだまだ機械っぽさもあるが、あえて歌い尻をはっきり歌わない生歌感や、表現としての強弱があって、わざとムラを出しているような感覚。

それでも生ボーカルで聴きたいとは望んでしまうけれど、もう少しで自分の中でアリになるわ、これ。

 

曲としても、マイナーコードで疾走するシンプルなV系的王道チューンに仕上げていて、耳に馴染む。

初期衝動を感じさせる、バンドの代表曲的な位置づけになりそうなキラーチューンのイメージを体現していて、Aメロ、Bメロ、サビと捨てるメロディがない。

あえてバンドサウンドで再現できるアレンジでまとめているのもポイントが高く、よく研究されているな、と。

ラストのサビから、アウトロのギターフレーズまでの流れがたまらない。

相互フォロワーだからとか、感想書くのが遅れた引け目とかを抜きに、これは最近結成された新人バンドの曲として聴かされていたら、多分CD買うと思う。

カップリング違いの5種売りみたいな、変な売り方していなければ。

 

sakanagatoreta.hatenablog.com

 

 

「音楽とともに誕生日を迎えよう。」

皆様がこの記事を読んでいるということは、僕はもう35歳を迎えたということですね…

そうなんです、9月12日は僕の誕生日なのです。

 

例年は、安眠妨害水族館を大量更新するという誕生日の迎え方をしているのだけれど、今年は体調不良に悩まされてストック切れを起こすという事態に。

まぁ、いい歳になって誕生日の価値も感じなくなってきているし、今年からは特にイベントも打たず、通常営業でいきましょう。

そう決めたんです。

 

しかし、これをタイピングしている現在、9月11日の夜。

どうせだったら音楽を聴きながら誕生日を迎えたいなぁ、という気持ちがムクムクと膨らんでおりまして、だったらシャッフル再生で流れてくる音楽を実況しながら更新記事を書いたらどうなるんだ、なんて思いついたわけですよ。

 

ルールは簡単。

今から、シャッフル再生で僕のiTunesに入っている楽曲を歳の数である35曲流すだけ。

飛ばしたり、なかったことにするのは禁止。

以上です。

 

いつもは、何らかの意図を持って紹介するバンドとか、レビューの順番とかを決めているわけだが、すべて運に頼って曲紹介をするのって、個人的にはとても新鮮であり、恐ろしい。

割合としてはV系が多いはずだが、何故か演歌が続いたりしたらどうしよう。

なんか、これはこれでパーソナルが浮き彫りになって、誕生日っぽい企画になったりするかも。

30秒ぐらいのSEが35連続で流れるなんてことさえなければ、この企画の途中で誕生日の日付をまたぐことになりそうだし、長いだけでダラダラした記事になりそうではあるけど、とりあえずやってみます。

 

 

1. 自分の棺 / 欅坂46

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133143j:plain

 

スタートからこれか、という。

V系ではないはずなのに、タイトルが妙にそれっぽいのが、なんだか象徴的だな。

暗さがいいですよね。

アイドルにはまったく造詣が深くないのだけど、暗くていいな、と思って聴いています。

 

2. Reincarnation-EVE- / MaRiLL

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133228j:plain

 

Crucifixionのボーカルが在籍していたバンドですね。

はじめる前は、案外ベタなのしか出なかったりして、なんて思ってたんですよ。

だから、最後の締めは"この順番でプレイリストを作ってみてね"でいいかと思ってたんですよ。

もう、最初の2曲で結構振り落としたんじゃないでしょうか。

この企画、ついてこれますか?

歌声が垢抜けてないけど、王道感のある耽美メロディアス。

僕は好きです、こういう曲。

 

3. キミトボク / マグヴェリー

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133327j:plain

 

アルバム「歌謡ワイド劇場」から。

謡曲系、レトロ系は僕の好みど真ん中のジャンル。

こういうのが多く出てくると僕のiTunesって感じがよく出てくるんじゃないかと。

フックの強さが良いですね。

最近聴いていなかったから、懐かしく感じています。

 

4. 溺愛 / 悠希

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133426j:plain

 

アコースティックアレンジによる、セルフカバー。

人格ラヂオの数少ない暴れ曲の位置付けでしたが、アコギだけで演奏されると、メロの良さにも気付きやすくなります。

オリジナルはとにかくよく聴いたなぁ。

狂気的な雰囲気を消さずに、よくここまでリアレンジできたものだ、と改めて感心。

 

5. アンヴレラ / るう"ぃえ

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133515j:plain

 

はい、完全に想い出振り返りモードに入ってきたよ。

平仮名時代はあまり聴いていない気でいたし、これも曲を聴くまで忘れていたけど、耳にすると口ずさめるっていうね。

ジャジーサウンドに、呟くような歌い方がお洒落。

あとで聴き直そう、このアルバム。

 

6. One Peace / ポロリ

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133620j:plain

 

J-POPに寄せて聴きやすくしたパンクサウンド、ってイメージを当時は持っていたのだけれど、今聴いてみて、少し印象が変わった。

むしろ、ダーク系が全盛期になる前、バンドブームの名残があった頃の90年代V系ポップロックといった感覚。

格好良くてびっくり。

これもあとで聴き直そう。

 

7. 理想 / wyse

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133706j:plain

 

ネコ型ロボットがどうこうと歌うwyseのミディアムバラード。

それまでの作品に多かった、感情で迫るロックバラードこそwyse!という頭で聴いていたので、リアルタイムではピンときていなかったんだっけか。

こういうのは、大人になって良さがわかったりするもんなのかな、って思ってたけど、まさにそうですね。

やはり歌詞がいいな、このバンドは。

 

8. センチメンタルジャーニー / YUKI

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133757j:plain

 

最初の2曲で振り切ったわりには、その後、いい感じで流れてますね。

ジャンルが変わったけど、全然違和感なく繋がったな。

あまり高音を伸ばさない独特な歌い方。

最後の歌い尻の部分、声の掠れ方がすごく好きなのだけれど、わかる人いませんかね。

 

9. 犬 or 人間 / マイナス人生オーケストラ

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133851j:plain

 

流れを褒めたら、一気にぶち壊すゴリゴリのイントロ。

この空気を読まずに掻き回してくる感じがマイナスちゃんらしくて良し。

この頃、ちょっとマンネリだなと思っていたんだけど、再び右肩上がりに良くなってきているよね。

バンドの限界は、リスナー側で勝手に決めつけては行けないもんだ。

当たり前だけど。

 

10. GARON / ギガマウス

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909133948j:plain

 

ライブの評判は良かったけれど、いまいち音源に反映されてこない印象があったギガマウス。

最後、グズグズで終わっちゃったのはもったいなかったな。

よくよく聴くと面白いことをたくさんやってるんだけど、やっぱりライブのほうが格好良かったなって思っちゃう。

 

11. 僕が世 / アーバンギャルド

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134029j:plain

 

この凸凹なデュエット、一発でアーバンギャルドってわかりますね。

彼らとの出会いは、1stアルバムをジャケ買いしたんですよ。

あのとき、なんとなくcali≠gariっぽいって思ってたんだけど、今思うと何でそう思ったんだろうな。

でっかいキューピーがいたから、そのイメージに引き摺られたのかな。

なんにせよ、その結果まだ聴き続けています。

 

12. 灰になる前にー。 / 刺四

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134132g:plain

 

渋いな、でも、これ好き。

あまりレトロって感じはないけど、「レトロモダン」っていうアルバムタイトルなのも好き。

あ、でも少し眠くなってきたかも。

この時間に聴くと心地良さに眠気が…

寝落ちしたら、ここまで書いた記事、全部ボツだぞ、耐えろ!

耐えろ、俺!

 

13. WILD GOOSE / Sleep My Dear

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134307j:plain

 

ここで出ました、インスト曲。

眠気がピークになったときに、こういう雰囲気モノは辛いな…

なんだかぼそぼそセリフ的なものが入っていたり、思ったよりも長かった。

これで期待感を高めて、いよいよ本編に!とならないのがシャッフルモードのネック。

 

14. けもの道 / スピッツ

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134356j:plain

 

サイバーなインストを経て、まさかスピッツに辿り着くとは。

V系を馬鹿にしていたクラスメイトがスピッツファンだったという理由で、スピッツは長年聴かず嫌いだったんですが、フェスで生で聴いたらもう声が良くてね。

あいつのせいで出会うのが遅くなったんだと思うと、ますますV系を馬鹿にしていたクラスメイトが憎くなりました。

そいつ、C.C.Lemonばかり飲んでいたので、今でもC.C.Lemonは避けてます。

 

15. 断片アシンメトリー / D

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134433j:plain

 

またも落差が激しく、コテコテな感じに。

いや、本当にしばらくぶりに聴くのだけれど、覚えてるもんだよね。

35歳になろうとしている今、懐かしさに震えるバンドが現役で活動している素晴らしさ。

冷静に考えて、ASAGIさんって今何歳なんだ?って思ったけど、ヴァンパイアだから関係ないな。

 

16. CURSE / D≒SIRE

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134527j:plain

 

更に深く原点に入り込んだ感じ。

しかも、「転生前夜」に収録されているDEMOバージョンですよ。

ザラザラした音質が、ドロドロとしたサウンドと妙にハマって、メロディアスになる部分でのカタルシスを強調。

アナログ時代だからこその化学反応でしたよね。

 

17. 黒髪のままの君でいて / R指定

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134600j:plain

 

R指定の中でも超絶邪道なアイドルナンバー。

もう少し懐かしのコテコテ感に浸っていたかった気持ちもあるけど、ここまでぶっ飛んでくると気持ち良い。

全編的に女声なんだけど、マモさんがボイスチェンジャーで歌っているでしたっけ?

これ、楽曲としては何気に好きなんですよね。

 

18. エンゼルフィッシュ / Plastic Tree

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134639j:plain

 

この曲、めちゃくちゃ好きなんですよ!

急にテンション上がるぐらい好きなんです!

キー的にも無難なんでカラオケで歌いたいんですけど、残念なことに、最後の最後で魚になっちゃうんです。

魚になっちゃう曲、僕、狙ってる感じになっちゃうから歌えないんですよね…

好きなんだけどな…

 

19. 告発 / the god and death stars

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134715j:plain

 

日本一、リフを聴くだけで誰だかわかるV系ギタリスト、aieさん。

若い頃はギターソロをトチるギタリストとして有名だったのに、努力を重ねてここまでの実力者になったんだよなぁ、と感慨深くなるバースデーイブ。

ボーカルもどんどん良くなってますよね。

本当に凄いや、この人は。

 

20. 花魁ダンス / カラット

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134812j:plain

 

気付いたら、マイナーバンドは久しぶりな気が。

でも、このバンド、パートごとに実力者が揃っていて、侮れないんですよ。

ほんのり和を打ち出す楽曲も良かっただけに、もう少し上手いマーケティングが出来ていればなぁ。

 

21. Mysterious / Janne Da Arc

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909134930j:plain

 

ABCもいいんだけど、やっぱりジャンヌが聴きたいよねぇ。

普段は、今も良い音楽を届けてくれてるんならいいじゃない、的なスタンスなんだけど、ふと曲を耳にしちゃうと、やっぱりもったいないと思っちゃうんだよな。

ライブで聴きたいんだよ、これを!

 

22. 降り続ける言葉 / Kra

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135003j:plain

 

まさか、靖乃さんが脱退するとは思わないじゃない。

ギタリストの交代はあったけど、Kraはなんとなくずっと"安定して続いている曲が良いバンド"でい続けてくれると思ってるんだよな。

そうじゃないかも、という事実を突きつけられるとハッとする。

彼らの曲の良さを、改めて声高に伝えていかなければ。

 

23. グリッタートロウペン / アヤビエ

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135037j:plain

 

やっぱり良いな、涼平さんのギター!

上手い下手ではなくて、この"簡単なんだけど彼にしか思いつけないフレーズ"が本当に魅力的で。

今ではテクニカルなギターも弾けるようになったけれど、センスとしてはこの時期の尖り方が本当に好きですね。

 

24. INFERIORITY COMPLEX / lynch.

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135116j:plain

 

新しいような、懐かしいような。

ほぼ35歳にとって、6年前の作品ってそんな感覚ですよね。

高校生ぐらいのときに聴いてたら、多分もっと好きだったと思うんだよ、lynch.って。

激しくて、メロディアスで、硬派さもあるじゃない。

僕はもう激しすぎると疲れてしまう耳になってしまったけれど、いくつになっても高校生が聴いたら人生が変わりそうなアルバムを作り続けているのは凄いなって思う。

 

25. ロマンティスト宝塚 / Lubis Cadir

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135156j:plain

 

ルビスまでオサレ系路線に転ぶのはやめてくれ!と本気で心配になったのを思い出す。

コテコテ系としての彼らは、なかなか良いものを持っていただけにね。

この後、宮脇さんは12012を結成するわけだけど、"地下線の名古屋系"的なスタイルだったから、そりゃ嬉しかったさ。

この曲の最後の寸劇とか、いったい何だったんだろうか。

 

26. PINK CLOUD ASSEMBLY / hide with Spread Beaver

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135243j:plain

 

マジで...これくる...?

飛ばしちゃダメなんだよね...?

「Ja,Zoo」の最後の、20分以上あるアレです。

最初の方は良かったんだけどさ、後半の通信音だけの15分以上が続く場面になっていてだね...

ちょっと仮眠とっていいですか...?

 

27. STORM / 玉置成実

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135326j:plain

 

玉置成実さんがカヴァーする、LUNA SEAの「STORM」。

正直、演奏面の物足りなさが凄い...

ピコピコ音を増やして、原曲との違いを出そうとしているのは良いのだけれど、まぁ、この手の楽曲はオリジナルを聴きすぎていて、どうしても違和感が出てしまうのよね。

そういうことにしておきましょう。

 

28. チャイニーズマンホールアイスクリームショップ / 雛罠

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135405j:plain

 

またきた、涼平節!

でも、さすがにこれは酷い音質だな...

どのパートも音が浮いているというか。

歌詞の世界観とか、中毒性のあるメロディとか、楽曲としてはとても好きなのですが、色々な楽曲に混ぜて聴くと、拙さが目立ってしまいますね。

 

29. 大声ダイヤモンド / VSK

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135438j:plain

 

このバンド、流れてくるまで完全に存在を忘れていましたね...

AKB48のカヴァーをする覆面V系バンド。

結局、最後の最後まで正体を明かさず、本当にV系だったのかすらわからないという。

ちなみに、hide with Spread Beaverで思いのほか時間を喰ったので、間もなく誕生日となるのですが、それを待たずにこちらは終わりそうです。

 

30. ALL YOU NEED IS LOVE / BiSH

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135633j:plain

 

なるかな、なるかな、はい、なりました、35歳です。

バースデーソングとはいきませんでしたが、節目に聴くには沁みる曲で良かったかな。

テンポアップする場面が12時ぴったりに近いタイミングで、個人的に凄く盛り上がった瞬間でございました。

最近聴き始めたのだけれど、良い曲多いですね、BiSH。

キャッチーなパンクチューンが中心なので、ツボにハマる曲が多いのだよな。

 

31. あの人はもう来ない / cali≠gari

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135701j:plain

 

35歳になっての1曲目。

区切りとなる1曲にしては、随分と切ないナンバーに。

音楽って聴くタイミングも大事ですよね。

アルバムの中で聴くと地味だけど、単体でふっと聴いたらすごく沁みるみたいなこともあって、今、それを感じています。

基本的にはアルバム単位で聴く派なのだけれど、たまにこういう聴き方も良いもんだな。

 

32. メルクマールの表彰台 / 実験台モルモット

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909135933j:plain

 

なんだか、ここにきて良い流れ。

実験台モルモットにしては、わかりやすい疾走感があってキャッチーな楽曲。

谷さんって、男の娘としての露出のほうが増えてきているけど、ボーカリストとしての資質が物凄いんですよ。

難しい歌でも、全然そんなことを感じさせずにさらりと歌ってしまう。

その分、表現力のほうに力を注ぐ余裕があるというかね。

 

33. アンコール / ぐりむ

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909140028j:plain

 

そうですね、この辺りからはアンコールの位置づけかも。

ポップでパンクでストレート。

タケルさんの甘い歌声もハマっていて、ぐりむはアルバムが聴きたかったですね。

短い曲だから、すぐ終わってしまうのが、ちょっと寂しい。

 

34. 甘い香り / Deshabillz

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909140152j:plain

 

ごめんなさい、ごめんなさい。

終盤だし、爽やかに終わりたいと思ったら、これ以上ないぐらいにこってりしたの出てきた。

デザビエかぁ、胃もたれしそうだなぁ。

ただ、この独特のメロディラインって癖になるというか。

ロディアスとは言い難いのだけれど、久しぶりに聴くと、案外歌っているな、っていう。

もっとそういうモードのときに聴きたいです。

 

35. ブラックヒストリーレディオ 前編 / Jin-Machine

f:id:sakanagatoretaskytree:20180909140326j:plain

 

オチこれかー。

Jin-Machineのシングルに入っていた、メンバーが、それぞれの黒歴史を語るという約20分のトークですよ。

あと5分ぐらいで終わり!って思っていたところで、残業が発生した気分。

トークの内容的にも、普段以上にメンタルが削られるな...

もういいや、締めのコメント考えてよう...

 

 

どんどん感想が雑になっていくのは、疲れと眠気と深夜のテンションによるものということでね。

長いだけで何の意味もないし、自分でもひとつひとつ見返したりはしないと思うんだけど、なんとなく音楽にまみれて誕生日を迎えたという充実感はありますよ。

最後は音楽ですらなかったけど...

 

そんなわけで、おしまいです。

また1年、できることなら生きていたいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。